moto1OPEN#7 TFメッツガー参上! MOTO1オールスターズ moto1OPENに参戦! 行けるだけ行こう!!

<<  2010年 8月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
にほんブログ村 バイクブログ モタードへ
にほんブログ村
最近の記事
ブログ引っ越します。
05/01 11:49
モタロウ措置入院・・…
04/30 20:44
GW初日は・・・
04/30 00:00
yassy cup …
04/27 22:50
リアット模様替え完了
04/26 23:25
最近のコメント
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 12:25
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 11:38
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 12:00
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 12:02
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 13:21

SUGO moto1 PROクラスの出来事

この件については書こうか書くまいか悩みましたが私見として(もともとブログは私見なんだけど)書いてみようと思います。

既に各ブログでも触れられていますがmoto1 PROクラスの決勝において何とも後味の悪い状況となってしまいました。

最終ラップに2位走行の松本選手が1位走行の森田選手をパスする際、接触があり森田選手が転倒。
これにより森田選手は大きく順位を落とすこととなりました。
この時の出来事は”危険行為”なのか”ギリギリの攻防の結果”なのかは当人以外知る由も無いことです。
現に私が見ていた角度からは森田選手が砂でスリップし松本選手に被ってきたように見えましたし、ネットにアップされた画像を見ると松本選手がTボーンアタックを行っているようにも見えます。 
つまり、見る角度、応援選手の違いなど様々な要因により第3者では正確な判断は出来ないと言うことなんです。
そこを敢えて判断するのはオフィシャルであり審判長なんですね。

以前にも書きましたが、私も危険な抜きかたには断固反対です。
AMA-SXなどで明らかにブツケに行ってるシーンがありますが、彼らは本当の意味でのプロであり、そのことで充分に生活していけるギャラをもらっています。
日本のモータースポーツ界は残念ながら生活できるプロ選手は居ません。
レースが終われば普通に仕事が待っている現実があります。
大怪我してしまったらレース活動どころか職を失うリスクも背負って戦っています。
だから、一線を越えない範囲でバトルすることが求められることは暗黙の了解ではないでしょうか。
以前、芹沢選手が参戦していた時に自分のラインが完全に閉じられて行き場を失い転倒した事件がありました。
その時の言い分は「ライン1本分空けて被せるなら、その中で駆け引きができレースができる。でも、完全に塞いでしまっては転倒して接触を防ぐか突っ込むしかない。これはレースとは言えない。」的な発言がありました。
わざとアテに行くライダーはライダーどうしからも敬遠されてしまいます。
ただ、どんなにフェアなバトルをしていても結果として接触してしまうことはある訳で、それがレースアクシデントと呼ばれるものでしょう。

では、今回なぜ後味が悪い結果になってしまったのでしょうか。

森田選手のチームが審議申し立てが出たからなのか?
それは違うと思います。
森田選手のチームは当然の行為を行ったに過ぎません。(逆のケースだったら松本選手のチームから出されたことも十分考えられます)
松本選手もこのことを真摯に受け止め、自分の主張を堂々と述べた結果の「問題なし。」と言う判定だったと思います。

残念なことは、両チームに関係の無い第3者が直接、松本選手を非難したことだと私は考えます。
応援していたり、いろいろな思いはそれぞれ持っていますがゴール直後の選手に”食ってかかる”行為は周りはもちろん選手の心に深い傷を残すこととなります。
当人どうし(チーム含め)ならいざ知らず、”第3者は部外者である”と言うことを考えた行動をして欲しかったと思います。
モタードの将来を思い余っての行動であったのかも知れませんが、レース界に強い影響力を持つ人物なら尚更注意が必要では、と考えます。

その後の有力選手の突然の引退表明(少なくとも私はそう受け取りました)も当初からの予定だったのかは知る由もありませんが、嫌なムードを倍増してしまったことは否めません。
今回の出来事は、いろいろな意味で残念でした。

折角、全勝でチャンプを決めたのに全身で喜べない松本選手を見ていて本当に悔しく、涙がでてしまいました。

次戦、九州で松本選手と森田選手の熱いバトルが再び見られることを期待しています。
両者ともに頑張ってください!!

今回の件での救いは、接近戦をメイクしてしまった選手が悪びれること無く飄飄としたコメントをブログに上げていることです。
また少し、その選手が好きになりました。






お金持ちだし・・・ね(爆


本日のランキング確認はこちら 
http://bike.blogmura.com/motard/

モタード | 投稿者 TFメッツガー 23:01 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]