moto1OPEN#7 TFメッツガー参上! MOTO1オールスターズ moto1OPENに参戦! 行けるだけ行こう!!

<<  2010年 6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
にほんブログ村 バイクブログ モタードへ
にほんブログ村
最近の記事
ブログ引っ越します。
05/01 11:49
モタロウ措置入院・・…
04/30 20:44
GW初日は・・・
04/30 00:00
yassy cup …
04/27 22:50
リアット模様替え完了
04/26 23:25
最近のコメント
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 12:25
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 11:38
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 12:00
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 12:02
今は面倒な恋人よりも…
ヤリ友 05/06 13:21

ハスクだけがバイクじゃない!!カワサキ2011モデル発表

KX65、KX85、KX85-II、KX250F、KX450Fの2011年モデルが発表されました。

発売予定日はKX65,85が2010年7月1日、KX250FとKX450Fが8月1日とのことです。

KX250のフロントサス
左右別々の制御です。
プリロードの調整がカラーでなくイニシャルでできるのが良い!!
モタードでも有効でしょう。




それでは各モデルをどうぞ!!

・2011年モデル KX65 ライムグリーン(LIM)
 

【KX65】
KX65は6速ミッションを装備した本格的なキッズモトクロッサーです。上級モデルのスタイルをそのまま凝縮したアグレッシブなデザインと高い走破性は、多くのキッズライダーたちから高い評価をいただいています。高い信頼性と耐久性を持つ排気量64cmの2ストロークピストンリードバルブ単気筒エンジンは、パンチのある高回転域でのパワー特性といやすさを両立。また、ハードな走行にも耐えられるよう、車体には本格的なセミダブルクレードルフレームや、伸側減衰力の調整機構を持つ前後サスペンションを採用しています。2011年モデルでは、上級モデルと同イメージのカラー&グラフィックを採用。その本格的なスタイリングをさらに引き締めています。



・2010年モデル KX85 ライムグリーン(LIM)

   


・2010年モデル KX85-Ⅱ ライムグリーン(LIM)

【KX85・KX85‐Ⅱ】
KX85・KX85-Ⅱは、軽量で高い剛性を誇るペリメターフレームに、84cmのキャパシティを与えられたパワフルな2ストロークエンジンを搭載。インナーチューブ径36mmの倒立フロントフォーク、ユニ・トラックリヤサスペンションなど充実した装備とその高いポテンシャルで、レースユーザーをはじめとした多くの方々からご好評をいただいています。フロント17インチ、リヤ14インチの通常モデルに加え、フロント19インチ、リヤ16インチの大径ホイールを採用したKX85‐Ⅱも同時にラインナップしています。
2011年モデルでは、上級モデルと同イメージのカラー&グラフィックを採用。その本格的なスタイリングをさらに引き締めています。


・2011年モデル KX250F ライムグリーン(LIM)


【KX250F】
エキスパートライダーがレースで勝利を手にするためのマシン、KX250F。2011年モデルでは新たにフューエルインジェクションを採用し、エンジンは高回転域における性能、オーバーレブ特性の向上など、さらにポテンシャルを高められています。シャーシは剛性やセッティングを最適化。量産マシンとしては初めて、ダンパー、スプリングを左右に分割した“セパレートファンクションフロントフォーク”(SFF)を採用。軽量化だけでなく、低フリクション化によるスムーズな作動性と安定した減衰特性を実現しています。AMAスーパクロスライツ、AMA モトクロスライツでの勝利が、このエンジンとシャーシのコンビネーションが持つ優秀性を証明しています。


■主な特徴
・ 燃料供給方式にフューエルインジェクションを採用。
・ 量産マシンとしては初めて、“セパレートファンクションフロントフォーク”(SFF)を採用。
・ ピストンヘッドの形状を変更し、高回転域、オーバーレブ領域での性能を向上。
・ スパークプラグを変更し、シリンダヘッド面までの突き出し量を増やすことで燃焼効率を向上。
・ 最終減速比を変更し、エンジンフィールと極低回転域での性能を向上。
・ 新しいピストンに合わせてシリンダー高、圧縮比を変更。
・ エンジンブラケットの素材、サイズを変更。
・ エンジン特性に合わせ、エキゾーストパイプ長を変更。
・ サイレンサー内のパンチングパイプに誘導口を設け、排気音量を抑制。
・ オプショナルパーツとしてKX FIキャリブレーションキットを用意。

 KX250F(2011年モデル) 主要諸元
 車名(通称名)  KX250F
 マーケットコード  KX250YBF
 型式  KX250Y
 全長×全幅×全高  2,170mm×820mm×1,270mm
 軸間距離  1,475mm
 最低地上高  340mm
 シート高  945mm
 キャスター/トレール  28°12′/120.2mm
 エンジン型式/弁方式  水冷4ストローク単気筒/DOHC4バルブ
 総排気量  249cm3
 内径×行程/圧縮比  77.0mm×53.6mm/13.5:1
 始動方式  プライマリーキック
 点火方式  デジタル DC-CDI
 潤滑方式  セミ・ドライサンプ
 エンジンオイル容量  1.0L
 燃料供給方式  フューエルインジェクション KEIHIN 43mm
 トランスミッション型式  常噛5段リターン
 クラッチ型式  湿式多板
 ギヤ・レシオ 1速  2.142(30/14)
2速  1.750(28/16)
3速  1.444(26/18)
4速  1.235(21/17)
5速  1.045(23/22)
 一次減速比/二次減速比  3.350(67/20)/3.846(50/13)
 フレーム型式  セミダブルクレードル
 懸架方式 前  テレスコピック(倒立・インナーチューブ径47mm) スイングアーム(ニューリンク・ユニ・トラック)
 ホイールトラベル 前  315mm  後  310mm
 タイヤサイズ 前  80/100-21 51M 後  100/90-19 57M
 ホイールサイズ 前  21×1.60 後  19×1.85
 ブレーキ型式 前  シングルディスク250mm(外径) 後  シングルディスク240mm(外径)
 ステアリングアングル(右/左)  42°/ 42°
 整備質量  105.7kg
 燃料タンク容量  7.2L
 カラー  ライムグリーン(LIM)
 メーカー希望小売価格  ¥717,000
  (本体価格¥682,857、消費税¥34,143)


・2011年モデル KX450F ライムグリーン(LIM)

 

【KX450F】
カワサキ4ストロークモトクロッサーの最高峰、KX450F。2011年モデルではエンジン、シャーシの各部をアップデートし、そのポテンシャルをさらに高めています。フューエルインジェクションを採用したエンジンは、低回転から高回転までよどみないパワーを発揮。特にジャンプ着地後やコーナーの立ち上がりなど、高い加速性能を実現しています。シャーシは剛性バランスを最適化、リヤホイールのトラクションとフロントホイールの接地感を向上させ、思い通りのラインがトレースできる正確なコーナリング性能を発揮。まさに最高峰と呼ぶに相応しい、エンジンとシャーシのコンビネーションを実現しています。


■主な特徴
・ ピストンヘッドの形状を変更し、高回転域、オーバーレブ領域での性能を向上。
・ ECUのプログラムを変更し、低回転域のレスポンスを向上。
・ フロントフォークの減衰セッティングを変更し、作動性とショック吸収性を向上。
・ フロントアクスルカラー径を拡大し、接地感を向上。
・ エンジンブラケットの素材、サイズを変更。
・ サイレンサー内のパンチングパイプに誘導口を設け、排気音量を抑制。
・ オプショナルパーツとしてKX FIキャリブレーションキットを用意。

 KX450F(2011年モデル) 主要諸元
 車名(通称名)  KX450F
 マーケットコード  KX450EBF
 型式  KX450E
 全長×全幅×全高  2,185mm×820mm×1,280mm
 軸間距離  1,480mm
 最低地上高  335mm
 シート高  960mm
 キャスター/トレール  26°42′/116mm
 エンジン型式/弁方式  水冷4ストローク単気筒/DOHC4バルブ
 総排気量  449cm3
 内径×行程/圧縮比  96.0mm×62.1mm/12.5:1
 始動方式  プライマリーキック
 点火方式  デジタル DC-CDI
 潤滑方式  セミ・ドライサンプ
 エンジンオイル容量  1.2L
 燃料供給方式  フューエルインジェクション KEIHIN 43mm
 トランスミッション型式  常噛5段リターン
 クラッチ型式  湿式多板
 ギヤ・レシオ 1速  1.750(28/16)
2速  1.412(24/17)
3速  1.188(19/16)
4速  1.000(19/19)
5速  0.875(21/24)
 一次減速比/二次減速比  2.727(60/22)/3.846(50/13)
 フレーム型式  セミダブルクレードル
 懸架方式 前  テレスコピック(倒立・インナーチューブ径48mm)  スイングアーム(ニューリンク・ユニ・トラック)
 ホイールトラベル 前  315mm 後  315mm
 タイヤサイズ 前  90/100-21 57M 後  120/80-19 63M
 ホイールサイズ 前  21×1.60 後  19×2.15
 ブレーキ型式 前  シングルディスク250mm(外径) 後 シングルディスク240mm(外径)
 ステアリングアングル(右/左)  42°/ 42°
 整備質量  113.5kg
 燃料タンク容量  7L
 カラー  ライムグリーン(LIM)
 メーカー希望小売価格  ¥830,000
(本体価格¥790,476、消費税¥39,524)


ブログ村に参戦中!
1位もそろそろお別れか!?
本日のランキング確認はこちら 
http://bike.blogmura.com/motard/
モタード | 投稿者 TFメッツガー 22:54 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]